ペニス増大

ペニス増大サプリ魂がすすめる増大サプリ

シトルリン配合量が従来のヴィトックスの2倍の配合量でリニューアルされたのがこちらのヴィトックスαです。

 

ペニス増大に効果的なシトルリン以外にもアルギニンや亜鉛やマカパウダーなど
精力増強成分も100種類以上もバランスよく配合されています。

 

国内のペニス増大サプリメーカーの中で4年連続で売上1位記録し
累計販売数は55万個と勢い止まらず今も売れ続けているペニス増大サプリメントです。

 

毎週先着500名様限定のキャンペーン適用でヴィトックスα1箱購入に付き
もう1箱ヴィトックスαが付いてきます。ヴィトックスαをお得に購入できるチャンスです。

 

 

価格:12,800円(税抜き)

 

シトルリン配合量:

 

口コミ評判:

 

>>詳細はこちら

白色と青色の2色のカプセルをそれぞれ飲み合わせながら
効果が期待できるペニス増大サプリです。

 

白色のカプセルにはトンカットアリ、ガラナ、さらにはロディオラやアカガウクルアといった
精力や勃起力を上げる成分が配合されています。

 

青色のカプセルには発酵黒ニンニクやブラックジンジャー、サソリ末や睾丸エキスなど
主に滋養強壮に良い成分が配合されています。

 

独自の「X3増大理論」により、配合成分を無駄なく体内に取り入れることができるため
効果を実感できるまで1週間前後という効果実感までの即効性が見込めます。

 

公式HPからの正規店購入につきオンライン限定価格6,980円(税抜)にて購入できます。
2個セットで購入するともう1個付いてくるセット購入なら1セット分6,980円お得に購入できます。

 

 

価格:6,800円(税抜き)

 

シトルリン配合量:

 

口コミ評判:

 

>>詳細はこちら

シトルリンなどのペニス増大に必要不可欠な成分が豊富に配合されている増大サプリメントです。

 

他のペニス増大サプリには配合されていない体の活性化をサポートしてくれる
プロポリス成分が配合されているのもペニブーストの魅力的な特徴の一つです。

 

1本(1ヶ月分)8,200円(税込)と良心的で、増大サプリが初めての方もコストパフォーマンス良好のペニス増大サプリといえます。

 

 

価格:8,200円(税込)

 

シトルリン配合量:

 

口コミ評判:

 

>>詳細はこちら

 

 

 

ペニスを大きくする方法

女性とセックスの経験はあっても、数かぞえる位で、女性に対してペニスの大きさについて聞くなんてことは今まで一度もなく、お相手の女性にどう思われているのか?ずっと不安を持っていました

 

そこで、インターネットで短小のことを女性がどう思っているのか、なんとなく調べてみた事があったのです。ペニスに関する情報サイトや掲示板などを見ながらネットサーフィンしていくうち、「え?!」と目を疑う情報がありました。

 

その内容は、小さいペニスほど男性の不妊症にかかりやすいというものでした。自慰を繰り返していると本番の際に使い物にならない危険性があり、実際に短小である友人が、「気持ち良くなれない・・・」という本音を漏らしていたのです。

 

男性不妊症の原因には、勃起不全(ED)・性交障害・射精障害・精子減少(造精機能障害が挙げられます。EDは知名度が高いですが、勃ったからと言って女性の膣で気持ち良くなれない性交障害や、イケなくなる射精障害(遅漏とも違う)など、これらの大半の原因は、どうやらペニスが小さい事(短小)のようなのです。

 

統計的にも、短小だと自慰行為を繰り返す割合が高く、結果として、女性との性行為に発展した場合でも、気持ち良くなれない人が多いと言われています。

 

ペニスが小さくて自分に自信が持てないからと自慰ばかり繰り返していると、本番のセックスで勃たない・気持ち良くなれない・イケないので、せっかくセックスの機会があっても、相手の女性は喜びを感じません。やはり改善が必要です。

 

自分に自信を持つためにも、せめて男としての機能は維持したいところ。しかしながら、情報の中には「自慰を辞める」だとか、「冷水とお湯に交互に浸けてトレーニング」だとか、荒療治ばかりで効果を疑うものばかりです。

 

そんな中、医療の臨床試験の結果を元に、その必要性を訴えている信用できそうな情報がありました。それは、ペニスのサイズアップ(ペニス増大)です。

 

様々な機能不全に陥らないためにも、本来持っているサイズに引き伸ばしてあげることで、不妊症のリスクを減らす事ができるというもの。このペニス増大ができれば、機能的・生活面、どちらにおいても不妊症のリスクが減るのです。

 

確かに、大きくなれば、性交障害も自然と解消されそうです。ただ、一点、サイズアップに関しての問題点がありました。

 

ペニス増大の必要性に気がついたら、早めに取り組んだ方が良いということ。それは、年齢とともに皮が薄くなり、伸縮性が無くなってしまうからです。

 

いざ大きくなったからと言って、皮が突っ張って痛くなったり、あかぎれを起こしたり、皮が横に裂けたりしてしまったら意味がありません。ですので、ペニス増大は出来る限り早く取り組んだ方が良いのです。

 

ただ、どんな取り組み方が良いのかが気になるところです。そこで、安心・安全のペニスサイズアップ方法について、色々と調べてみました。

 

ペニスのサイズアップを考える上で、特に知っておきたいのが危険性。実際に大きくできたとしても、それ以上の危険があれば取り組むことはできません。

 

インターネットでペニス増大に関する情報を探してみたら、表面では良いことを言っておきながら、裏では副作用などの報告を隠しているという場合が結構あります。そこで、それぞれ、どんな危険があるのかについてまとめました。

 

ペニスマッサージとは、陰茎自体を手でマッサージしながらペニス増大を目指すという方法です。専用のオイルなどを使い、筋肉をほぐすように弛緩しながら、もみしごいていきます。ですが、この方法ではペニスは大きくなるどころか、形が歪曲してしまったり、亀頭の出っ張りがなくなってしまったという報告があります。

 

それに、自慰行為と一緒ではないかと思ってしまいます。あれだけ毎日しごいていてもサイズアップしていないのですから、マッサージで大きくなるという期待ができるわけがありません。そもそも、陰茎は海綿体組織であって、筋肉ではないので、揉みしごいたからといってどうなるものでもないのです。

 

サプリメントを飲用することで男性ホルモンの分泌を促して、止まってしまった陰茎の成長を促進するという方法です。この方法は、男性の持つテストステロンというホルモンの分泌を活性化して、男性器の成長に働きかけるというもの。ですが、男性ホルモンが増えることで、心配となるのが「抜け毛」・「薄毛」です。

 

男性ホルモンが分泌されることで、体毛が濃くなり、逆に髪の毛は抜け落ちてしまうという作用があります。また、肝機能障害や前立腺などにも危険な影響をもたらすと言われているのであんまりいい方法とは思えません。

 

性器サイズの試験管のような瓶に陰茎を挿入し、先端についたポンプで中の空気を抜き出し真空状態にする事で吸引するという方法です。使用直後はペニス増大に効果的に思われますが、実は真空にする事で陰茎に血液がたまりやすくなるだけなので、一時的な効果しかないと言われています。

 

また、強引に吸引することで毛細血管から無理やり血液を出すという事は、うっ血する危険性があり、症状が続くと陰茎がドス黒くなってしまう場合もあります。

 

このように上記3つのペニス増大方法は、サイズアップ効果があるのかわからない上に危険性も高いので、どれもオススメできる方法ではありません。

 

そもそも、ペニスのサイズアップ方法を理解するには、海綿体がどんなものなのかについて知らなければなりません。

 

ペニスのサイズアップをする為に一番の肝となる海綿体組織です。ペニスはスポンジ状の組織で3つの海綿体から形成されています。海綿体は、脳が性的興奮を覚えることで、組織の中に血液が送られて勃起状態となりますが、勃起は海綿体自体が大きくなるのではなく、静脈洞と呼ばれる海綿体の小部屋の中に血液が注ぎこまれることで大きくなっているのです。

 

ということは、この小部屋の空間スペースを0.1ミリでも広げることができたら、総合で数センチのサイズアップを実現できる可能性があるという事です。

 

それはつまり、海綿体組織の静脈洞を拡張できる正しい方法さえ見つかれば、ペニス増大に十分に期待が持てるわけです。

 

その方法が牽引です。引っ張ることが、組織の伸長にもっとも利に適っているという理論です。この牽引で注意すべきポイントは、一定の力をかけ続けるという部分です。そして、牽引でペニスのサイズアップする方法が2つありました。

 

人差し指と中指で、手のひらを上に向けた状態で、亀頭サイド出っ張ったところに引っ掛けます。そして、親指で亀頭の出っ張ったところの最長部を引っ掛けて引っ張るのです。これを毎日くり返し行う事で、少しずつ矯正治療と同じ効果を発揮するというものです。この方法であれば、今すぐにも始めることが可能です。

 

もうひとつは、専用の牽引マシーンで引っ張るという方法です。これは、指で引っ張るの事と基本原理は一緒なのですが、臨床試験の結果を元にかける力まで計算されているという優れたペニス増大の技術になります。

 

これらの情報を利用して、どのようにサイズアップするかは人それぞれだと思いますが、将来の自分の為にもパートナーの為にも、ペニスの増大を頑張って欲しいと思います。

 

以前からアダルトビデオを観て、セクシー男優さんの陰茎の長さ・亀頭の高さをとても羨ましく思っていました。医学部に入る前はセックスなど到底望める立場でなく、「一生オナホでいい!」と思っていました。

 

そのため、陰茎や亀頭を改造してペニスを増大しようという気持ちはなかったのですが、医学部に入りセックスする機会が避けられなくなり、どんな膣にも対応できるペニスになることの重要性を感じ、セクシー男優さんのようなイチモツになろうと「ペニス増大」を考えるようになりました。

 

高校生のときに真性包茎の手術を2万円で受けたことがあったので、亀頭増大も長茎もバイト代で払えるだろうとナメていましたが、効果がある手術はそれなりの値段でした。しかも、長茎手術に関しては、平常時の長さは伸びるが勃起時の長さはほとんど伸びないようでした。

 

調べた中で、東京都大田区のクリニックのHPは希望が持てそうな雰囲気がありましたが、何cm伸びるか具体的な数字は書いていませんでした。よって、亀頭増大手術は医師免許取得後にローンで受けることにし、長茎手術はひとまず断念しました。

 

ペニス増大への憧れを捨て切れず5年生になり、大学病院での泌尿器科実習中に真面目な話から雑談になり、指導医の先生にアンドロペニスを紹介してもらいました。アンドロペニスは、EU諸国にて医療器具として国に認可されているペニス増大器具です。なんと、勃起時の長さ4cm・太さ1.5cmアップするとのことでした。

 

これはもう神のお告げ・天啓であると感じ、即座に申し込むことになり、このサイトを書かせていただく経緯となりました。

 

国家試験の勉強をやればやるほど、知識が全く定着しておらずヤバイということがわかり、ペニスを大きくしている場合ではないと思いました。

 

それでも、一度やると決めたのを途中でやめるのは嫌で、また1日9時間の装着時間を確保できるのは人生において今しかないと思い、装着を続けました。装着をやめたとしても、装着しないことで国家試験の勉強量や理解度が増えるわけではなく、国家試験の合否に影響はないとも思えてきました。

 

こうして残りの2ヶ月を過ごして180日の装着を終え、結果は1.9cmの伸長で、勃起時の長さ16.0cmから17.9cmにペニスが増大しました。平常時の長さと、平常時及び勃起時の太さは、測定の仕方がわからず記録しませんでした。

 

主観的な評価になりますが、根元の部分と、亀頭と陰茎の間の部分が目立って伸びており、隆起に角度がついて形もかっこよくなっています。長さと太さが増して、ペニスが重くて勃起しにくくなったということはありません。早漏・遅漏への影響は、時間を計ったことがないのでわかりませんが、ない気がします。

 

装着開始時にセックスしていた女性とセックスして1.9cmの伸長と太さの増大の感想を聞いたところ、『ズン』『ブワッ』という圧力が加わり、より体の奥の近くの芯で感じ、気持ち良さが増した」とのことでした。

 

複数の医師とセックスフレンドになっている女性に1.9cm伸びたことを言うと、「約2cmの伸長は女の子からするとかなり違う」と言われました。性に関して真面目な女性に同様に言うと、「大は小を兼ねる」と言われました。

 

180日間を通して、アンドロペニスを装着していることを言った女性の全てに笑ってもらい、よい評価を受け、悪い評価を受けたことは一度もありませんでした。

 

4cm伸びなかった原因を自分なりに考えてみると、例えば卵の殻を割って同じ高さから落として同じ力を加えても、卵の伸びる長さが卵によって異なるように、アンドロペニスによって成長するペニスの細胞の成長度合いが人それぞれ異なり、4cm以上伸びる人もいれば伸びない人もいるのだと思います。

 

その個人差は、体質によるものであったり、年齢によるものであったり、環境によるものであったり、様々なのだと思います。

 

また、休憩時間を取らず9時間装着し続けたことや、装着したまま自転車に乗ったことなど、説明書通りに装着しなかった日があったことが、影響していると思います。

 

お金がかからずに、体験レポートを書くと報酬がもらえて、ペニスが1.9cm伸びて、見た目も気持ちも充実し、病気も怪我もなく、女性の評価がよかったことから、アンドロペニスを装着してよかったと思います。

 

元々、やる気満々で不安がなかったにも関わらず途中で辞めたくなり、それでも続けられたのは、体験ブログやレポートを親切丁寧に指導してくださった方のおかげです。また、大学でアンドロペニスに興味を持ってくださる方々がおられて、励ましのお言葉もいただき勇気付けられました。自分独りでは続かなかったと思います。

 

医学部受験でも、アンドロペニスでも、国家試験の勉強でも、独力では何もできず、周囲の方々のおかげでやっていけると思っています。アンドロペニスを装着して、先生や先輩や目上(←自分は一番下なので自分以外全員目上です)の方への感謝の気持ちが今まで以上に強まりました。

 

また、1日9時間装着時間を確保できる幸運を感じました。社会人の方々や、真面目な学生の方々や、友人や恋人や家族など他人と日常生活を共有し独りの時間が取れない方々では、なかなか1日に9時間装着時間を確保することが難しいと思います。

 

この幸運に驕ることなく、チャンスを活かして医師免許を取得し、今後は亀頭増大その他、顔・皮膚・毛などあらゆる手術を受け、人体改造に邁進したいと思います。

 

将来の目標としては、施術をされる側としても、施術をする側としても、泌尿器科や美容外科や美容皮膚科に関わっていきたいです。自分のような者が「ペニス増大」に挑戦させていただき、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

男性であれば誰もが悩む事、それは自分のペニスのサイズです。

 

サイズが大きければ、それだけで何かの勝負に勝ったような、非常に誇らしい気分になります。

 

ですが、逆にサイズが小さいとそれだけで世の中に馬鹿にされているような、非常に辛く悲しい気分になってしまいます。

 

そのため、多くの人が自分のペニスのサイズについて非常に大きな悩みを持っているのです。

 

一般的に、性行為を行うために必要なペニスのサイズというのは膣の入り口から子宮口までの長さと言われており、7cmから10cm程度の長さがあれば、セックスを行うには十分であると言われています。

 

そのため、性行為を行う際には最低限7cmほどのサイズがあれば、パートナーとの性行為を思う存分楽しむことができます。

 

しかし、人によってはペニスのサイズに過剰に悩む必要はないとわかっていても、ネット上に存在している様々な情報や、アダルトビデオなどに写っている男優のペニスを見ることによって、自分のペニスに対しての自身を失ってしまい、やっぱり自分のものは小さいのではないだろうか、と考えこんでしまう人もいます。

 

そのように考えこんでしまうと、いつしかペニスのサイズに対しての疑問が不安へと変わり、セックスを行いたいけれどもペニスのサイズに自信が持てないため、セックスに対して消極的になる、はたまた精神的なものが原因で発症するEDになってしまう可能性もあるのです。

 

セックスの際にペニスのサイズが気になってしまうという男性は非常に多くいます。

 

ですが、そもそもペニスのサイズというのはセックスを行う相手、つまり女性にとっては重要なことなのでしょうか。

 

そのことについて調べると、ある答えが出てきました。

 

その答えというのは、極端すぎるサイズは問題があるけれども、特に深くは気にしないというものです。

 

極端にサイズが小さくセックスに影響が出てしまう、極端にサイズが大きくセックスの際に膣に入らない、そのような場合はペニスのサイズを気にするという人が非常に多くいます。

 

ですが、そこまで極端なサイズではなければ、ペニスのサイズが大きくても小さくても、太さが細くても太くても、はたまた硬さが鉄のように固くても多少柔らかくても何も問題はない、という風に答える人が非常に多くいたのです。

 

女性がセックスを行う際に重要視するのは、ペニスのサイズではなく、その人がどれだけセックスがうまいのかどうか、セックスの際に自分のための行動をとってくれるのかという点です。
男性だけが気にしているだけで、女性からするとそうでもないのです。

 

過剰にペニスのサイズなどについて悩む必要がないということはわかったけれども、自分のサイズが大きい方なのか、それとも小さい方なのかは気になるという人は多くいるはずです。

 

そのような人向けに、ペニスのサイズの測定方法、そして日本人の平均的なペニスのサイズについて知ってみましょう。

 

サイズの測定は大きく分けて3つの測定方法があります。

 

その測定方法は、ペニスの長さ、ペニスの横幅、ペニスの太さの3つです。

 

いずれの方法で測定する場合も、限界までペニスを勃起させた上で測定を行います。

 

長さを測定する場合、地面と平行になるようにペニスを指で持ち上げ、その上で恥骨に対して定規をぐっと押し当てた状態で、先端までの長さを測定します。

 

これにより、皮下脂肪の厚みによって小さく見えているようなペニスであっても、正確に長さの測定を行うことができます。

 

次に横幅の測定方法です。

 

横幅を測定する際には、机の上に紙を敷き、その紙の上にペニスを載せて横幅のラインに沿って線を引きます。

 

引いたラインの幅を測定することによって、横幅を正確に測定することができます。

 

太さを測定する際には、巻き尺をペニスに対して巻きつける、もしくは細長い紙をペニスに対して巻きつけ、紙同士が交差した部分に線を引き、その線同士の間隔を図ることによって、太さを調べることができます。

 

日本人の平均的なペニスのサイズは、長さが約13.5cm、太さが約3.5cmと言われています。
気になるようであれば、一度正確に測ってみてはいかがでしょうか。

 

日本人の平均的なペニスのサイズを知り、一喜一憂した人もいると思います。

 

そして、そのような一喜一憂した人の中には、世界的に見ると自分のペニスはどれくらい大きいのだろうか、もしくはどの国の人になら勝てるのだろうか、と考えた人もいるでしょう。

 

そのように考えた人のために、世界で最もペニスの大きい国と小さい国、そしてなんだかペニスが大きそうな2つの国の平均的なサイズを調べてきました。

 

まず、ペニスサイズが大きそうだと多くの人が感じているであろうアメリカ人のペニスサイズです。

 

アメリカ人のペニスサイズというのは、実は多くの人が想像するよりも大きくはなく、平均すると14.15cmほどと言われています。

 

日本人と比べると少々サイズが大きいだけで、実はそこまで大差があるわけではないのです。

 

そしてもう1カ国、女性に対するアプローチが上手で、女性に対して紳士的に対応する、それでいてプレイボーイな男性が多いイメージのある国……そう、イタリアです。

 

イタリア人の平均的なペニスのサイズというのは、約15cmと言われています。

 

そのため、多くの人が思っているよりも世界各国のペニスが大きそうに思う国の人の平均的なペニスサイズというのは大きくないのです。

 

ではペニスサイズの平均が最も大きな国はどこなのか、平均が最も小さな国はどこなのかですが、最も大きい国はコンゴ共和国で、約18cmが平均的なペニスのサイズと言われています。

 

そして最も小さな国はタイで、約9.5cmほどです。

 

あなたのペニスはこの4カ国と比較すると、どれくらいの大きさがありましたか?

 

ペニスのサイズについて深く悩む必要はないけれど、自分のペニスが平均よりも小さいということがわかると、やはり少々気分が落ち込むものです。

 

しかし、平均サイズよりも1cm程度小さいくらいであれば、そこまで過剰に不安に思う必要はありません。

 

平均サイズよりもさらに小さい……一般的に短小と呼ばれるようなペニスのサイズであった場合、治療を考える必要があるかもしれません。

 

短小と聞くと、多くの人が平均サイズよりも小さければ誰でも自分は短小だ、あの人は短小だ、という風に考えてしまいます。

 

ですが、実際に医学的な観点から見た場合、ペニスのサイズが平常時で5cm以下でなければ短小とは呼びません。

 

平常時のペニスサイズが5cm以下の場合、性行為に影響が出るためホルモン剤の使用などの治療を行う必要があると言われています。

 

そのため、今まで自分のペニスが短小であると悩んでいた人は、平常時のペニスが何cmなのかをまずは調べましょう。

 

そして、その結果を元に本当に治療が必要な短小なのか、それともただ単にサイズが小さいだけなのかというのを知りましょう。

 

ペニスのサイズを知り、自分のペニスがほかの人と比べて若干小さい程度であるということがわかった場合、人によっては多少小さいくらいなら別に気にしなくてもいいか、と開き直ることができるようになるでしょう。

 

しかし、そのように開き直れる人がいるということは、その逆に開き直ることができず、どうにかして平均的なサイズまでペニスのサイズを大きくできないだろうかと考えてしまう人も現れるという事でもあります。

 

PC筋でペニス増大

そのように思った人は、一度ペニスのサイズアップトレーニングについて知ってみましょう。

 

トレーニングの方法には幾つかの種類が存在していますが、その中でも長さだけでなく太さも太くすることができるトレーニングとして、圧迫トレーニングがあります。

 

この方法はペニスを完全に勃起させた後、亀頭の根本を圧迫し血液が流れないようにした後に、竿を痛みが感じない程度の強さで握り、上下に動かすというものです。

 

この方法はペニス内部の海綿体を広げることによってペニスのサイズアップを図ることができるトレーニングです。

 

ですが、トレーニング方法を誤ってしまうと怪我をする可能性もあるため、トレーニングの際には力を入れすぎず、慎重に行うようにしましょう。

 

次に、平常時のペニスサイズはそのままに、勃起時のペニスのサイズを大きくする方法としてPC筋と呼ばれる筋肉のトレーニングがあります。

 

PC筋はペニスに対して流れる血液量を調節する作用のある筋肉であり、この筋肉を鍛えることにより、勃起時のペニスサイズやペニスの硬さを上げることができます。

 

PC筋を鍛える際には、全身の力を抜いた状態で肛門をぐっと締めるように力を入れ、その状態で5秒から10秒ほどキープし、その後ゆっくりと力を抜くという動作を10回前後繰り返すことにより、PC筋を鍛えることができます。

 

PC筋のトレーニングは筋力トレーニングと同じで、回数を過剰に増やした場合オーバートレーニングとなり、筋肉を痛めてしまう可能性があります。

 

そのため、トレーニングは1日4回前後を目安に、適度に行うようにしましょう。

 

ペニスのサイズを増大させる方法として、圧迫トレーニングやPC筋のトレーニング以外の方法として、サプリメントを利用した増大方法があります。

 

増大作用があるサプリメントとして有名なものに、ボリュームピルズとビリリティピルズがあります。

 

 

 

セックスを行う際に最も大切なもの、それはあなたが持つセックスのテクニックです。

 

テクニックさえしっかりと身につけていれば、ペニスサイズの大小問わず、パートナーをしっかりと満足させることができ、しっかりと膣の奥までペニスで刺激することもできるのです。
例えば騎乗位と呼ばれる体位、この体位はパートナーに自分を跨いでもらった上で性器を挿入し、セックスを行う体位です。

 

この体位の場合、下から上に向かってペニスが動くため、相手が体重をかける、抱き合うことによって密着度を上げる事により、性器を奥まで届かせることができます。

 

そして次に屈曲位と呼ばれる体位です。

 

この体位は正常位の体位から女性の足を頭側にぐっと持ち上げた状態、簡単に言うと後転の途中で止まったような体位でペニスを挿入する体位です。

 

この体位の場合、騎乗位とは逆に上から下に向かって思い切り性器を押しこむようなセックスを行うことができるため、通常のセックスでは奥まで性器を届かせる事ができない人でも、しっかりとセックスを楽しむことができます。

 

そして屈曲位と同様に足を曲げた状態から始まる体位として、松葉くずしというものがあります。

 

松葉くずしは正常位の体位から女性が足を持ち上げ、お互いの足の間に相手がいる状態で挿入を行うというものです。

 

この体位の場合、相手との密着度を高めた上でセックスを行うことができるため、通常のセックスを行うのとあまり変わらない感覚でしっかりと奥まで刺激をすることができます。

 

ペニスのサイズというのは、セックスにはあまり深く関係しておらず、セックスを行うだけであれば7cmから10cmほどのペニスがあれば、十分にお互いが満足できるセックスを行うことができます。

 

また、女性にとってペニスのサイズというのは極端なサイズでなければ特に気になるものではなく、何より大切なのは相手が持っているテクニックや自分に対しての愛情である、と答える人が多くいるので、ペニスのサイズについてそこまで過剰に悩み過ぎる必要はありません。

 

日本人のペニスサイズというのは世界的に見てもそこまで小さくはなく、多くの人が大きいと思いこんでいるアメリカなどの西洋諸国の平均的なサイズと比較しても、1cmから2cm程度しかサイズ差がありません。

 

なので、自分のペニスのサイズについて過剰な不安を持つ必要はありません。

 

平常時のペニスサイズが5cm以下の場合、性行為に影響が出る可能性があるため、治療を行う必要がありますが、それよりも小さくはないけれどもサイズを大きくしたいと考えている人は、トレーニングやサプリメントの使用、整形外科などを利用した手術治療を行うことにより、サイズを大きくすることができます。

 

ですが、手術の際にはそれ相応のリスクが存在しているため、選択の際には慎重な選択を行うようにしましょう。

 

ペニスのサイズがそのままセックスの満足感や快感に繋がるわけではありません。

 

最も大切なのはあなたが持つセックスのテクニックや相手への愛情です。

 

ペニスのサイズが多少小さめであっても、性行為に影響が出ないサイズであれば、十分に性行為を楽しみ、自分もパートナーもしっかりとした満足感を得ることができます。

 

今回はスローセックスについてです!
近年、「スローセックス」が男性よりも女性を中心に人気を集めているそうです。
スローセックスに興味をもつ女性が増えているっていうことですね!これは習得しとかなければ!
スローセックスはAVには絶対に登場しないプレイなので、僕もまだまだ未熟者ですが調査してきましたので、一緒に勉強していきましょう^^
そもそもスローセックスとは、セックスセラピストのアダム徳永って人が出版した本で提唱された言葉で、スローセックスを語るに当たってアダム徳永は必ず登場します。
スロー=ゆっくりって意味かと思われがちですが、スローライフのスローに通じる、ゆったりとした、精神的充足度の高さを重要視するセックスを指していうようです。
では、勉強していきましょう

 

スローセックスの特徴はなんといっても時間をたっぷりとかけること。

 

目安として1時間ほど時間を掛けてセックスをします。

 

相手と触れ合う一つ一つの行動を大事にするというのが根幹にあります。

 

ゴールがそもそも男性の射精ではないんですね!

 

通常のセックスの場合だと、男性がイクということを最終目標として突っ走っていくような感じですが、スローセックスの場合、男性の射精は結果としてたまたまついてくる現象にしか過ぎません。

 

時間を全てにかけましょう。

 

服を脱がせるのに、いつもだったら1分もかからず、早く早く脱がしていたところを5分〜10分掛けてみましょう。

 

具体的には口だけでブラもパンツも脱がしてみるとか。

 

そういった行為で気持を高め合い、精神的充足度をあげていくんです。

 

おそらく、5分から長くても10分いかないんじゃないかなぁって思います。

 

スローセックスでは、愛撫が主役!愛撫がメイン!ということで一番時間と労力をかけるべきパートです。

 

愛撫に30分、もしくはそれ以上時間を掛けましょう。というよりは本気でスローセックスをするのであればそれぐらい時間がどうしてもかかってしまうといったほうが正しいです。

 

でも「30分も愛撫だなんて、何すればいいの…?」ってなっちゃいますよね!?

 

気分も萎えてしまう可能性が高いですよね。

 

そうならないように、スローセックスの提唱者、アダム徳永氏が考案した「アダムタッチ」があります!

 

そんな風に嘘かホントか分からないけど、外見からペニスのサイズを憶測する説があります。

 

その中のひとつに「肥満体型はペニスが小さい」というもの。太っている人ってペニスが小さい率高いと思いません?

 

実はこれは単なる都市伝説ではなく、ちゃんと根拠がある説なんです。

 

しかも調べていくうちに分かったことですが、太りすぎるとペニスが小さくなるだけでなく、勃起もしなくなるかもしれないということ。

 

年齢と共にメタボになる男性は多く、40代の2人に1人はメタボかその予備軍とも言われています。

 

だから皆さんも決して他人事ではありませんよ。今日は肥満とペニスの関係について調査しました。

 

 

ペニス増大サプリで増大

ペニス増大サプリでもあるボリュームピルズはギムロットαのサイズアップを主目的としたサプリメントではなく、精液量の増加や精子量の増加を主目的としたサプリメントです。

 

しかし、内部生分の作用により、ペニスのサイズアップを図ることもできることが発覚したため、サイズアップを目的に服用されるようになりました。

 

ビリリティピルズはボリュームピルズと違い、性器のサイズアップを主目的としたサプリメントです。

 

そのため、継続した服用を行うことにより、正規のサイズを徐々に上昇させていくことができます。

 

ボリュームピルズとギムロットαは医薬品ではなく、サプリメントです。

 

そのため、服用時にはヴィトックスαと同じように直ぐに効果が現れるのではなく、継続した服用を行うことによって、徐々に身体を作り変えていく作用があります。

 

服用期間の目安として、2ヶ月から3ヶ月間の服用が推奨されているため、もしこれらのサプリメントを利用したサイズアップを行おうと考えているのであれば、服用後数日で効果が現れないからと服用を中断するのではなく、長期間の継続服用を行うようにしましょう。

 

ペニスのサイズアップ方法の中には、整形外科によるサイズアップ手術という方法があります。

 

サイズアップ手術の方法は様々なものが存在していますが、ヴィトックスαの中でもペニスのサイズを一気に大きくすることができるものとして、埋没陰茎長茎手術というものがあります。

 

この手術の方法というのはヴィトックスαを体内で支えている靭帯を前方にグイッと引き出すことにより、今まで身体の中に埋まっていたペニスが前に突き出し、サイズが大きく見えるようにするというものです。

 

それ以外の方法で、ヒアルロン酸などを体内に注射することにより、ペニスの太さや横幅、サイズなどを大きくするという方法があります。

 

それぞれ施術費用として、埋没陰茎長茎手術の場合は300,000円前後、ヒアルロン酸などの注射を行う場合、注射量や注射する成分によっても料金は変化しますが、これも同じく300,000円ほどの費用が発生します。

 

手術を行うメリットとして、医師による手術のため、効果がトレーニングやサプリメントと比べて現れやすく、更に長茎手術の場合は効果が半永久的に続くという点があります。

 

反面、デメリットとして薬品の注射を行う場合、身体に薬品が吸収されることによりヴィトックスα extra edition 効果が弱まってくるという事、そして手術が完了してからセックスを楽しめるようになるまで間を置く必要があるという事、コストが非常に高いことなど、とても多くのデメリットが存在しています。

 

そのため、手術によるサイズアップを行う際には本当に行うかどうかを慎重に考えた上で行うようにしましょう。

 

ペニスのサイズに対して自信がなく、セックスを行った際にもヴィトックスαさせることができるか不安だと感じている人も多くいるでしょう。

 

しかし、ペニスのサイズがそのままパートナーの満足に繋がるわけではありません。

 

今年62歳になるスティーブ・ベイカー氏は、尿道下裂と呼ばれる先天的な男性器の奇形の一種を患って生まれてきた。性器の奇形ということで、それを口にすることをためらっていた両親や、兄弟、そして医学的知識の足りなかった医師のために、彼は常に重い自己嫌悪、自己否定、そして全くもって自分に自信が持てないという苦悩のなかで60年近く生きていかなければなかったのである。

 

イギリスの「Daily Mail」紙などのレポートによると、ベイカー氏がおよそ3年前に、自分の性器の奇形が、世界でベイカー氏一人だけの異常な欠陥であるわけではなく、症状の重軽はあるものの125人に1人という高い確率で発症していることを知り、はじめて心の救済を得たと言っている。

 

 尿道下裂とは、先天的な男性器の発達異常で、尿道がペニスの先端まで届かないままで生まれてきてしまう状態のことで、多くの場合は亀頭の手前の下側に尿道口が開いてしまっていたり、重度の場合はペニスの付け根あたりに開いてしまっている場合もあるという。いずれの場合も、ペニスの奇形を伴うことが多く、下にお辞儀をしているような状態であったり、途中で極端に曲がっていたりする。また、きわめてペニスが小さいミクロペニス状態で生まれてくる場合もあり、そういった場合は半陰陽(インターセクシャル)が疑われることもあるらしい。原因こそまだ不明であるが、早い段階で形成外科的な手術によって修復されてしまえば、ほぼ問題なく成長できるものである。イギリスでも年間1500件を超える修復手術が行われているほどの発症率である。

 

1960年代のイギリス、エセックス州のチェルムズフォードの郊外で生まれたベイカー氏は、恥とタブーが折り重なった環境下におかれていたも同然で、親や兄弟たちとさえもその話題を避けているなかで育っていくしかなかったのである。尿道下裂とミクロペニスを併発していたベイカー氏は、通常時で約2.5センチ、勃起時でも10センチたらずの自分のペニスを、世界の唯一の奇形ペニスの持ち主と思い込み、悩み苦しみ続けていたのである。

 

「他人のいるところで着替えをしたことはない。私にとって競泳用のスイミングパンツを履くことは、拷問と同じだった」とベイカー氏は言う。「世間では、男の評価は一物の大きさで決まる。それが社会なんだ」とも言い、誰にも自分の悩みを言えずに少年時代を過ごしていたことを振り返る。

 

さらに、彼の不幸に追い討ちをかけたのは、大学で農業を学び、1年間の実習のためにニュージーランドの農場で働いている時に起きた事故だ。

 

 性欲旺盛な年頃でもあった彼は、ある日、性生活の向上のために泌尿器科の専門医が、ベイカー氏を訪れた。しかし彼は、ペニスの状態を尿道下裂とは診断できず、普通の割礼を勧めたのである。

 

 しかもこの誤診によって、割礼ではなくペニスの神経が集中している部分、つまり亀頭を切除されてしまったのである。これによって、ベイカー氏は、通常のセックスでオーガズムを得ることすら困難になってしまったわけである。ペニスのサイズだけでも十分すぎるほどの精神的負担だった上に、感覚まで奪い取られてしまったベイカー氏の苦悩は、他人には計り知れないものであったに違いない。

 

 そういった困難の中でも、ベイカー氏は29歳の時に幼なじみと結婚し、カナダへ移住し二人の子供を授かった。しかし、結婚生活も長くは続かず、2001年には破局を迎え、それ以降1回しか普通のセックスはしていないという。「私にも、普通の男と同様の性欲はある。しかし、することも感じることもできない」ベイカー氏は、このように自分の身体と心の悩みを言っている。

 

インターネットグループによって、3年前に自分の症状が、特異な奇形でないことを知り、心のなかの重荷のひとつから解放されたベイカー氏の現在の心配は、この症状が自分の子ども、孫に遺伝していってしまうのではないかということであるそうだ。少しずつではあるが、やっと前向きに人生と向かい合えるようになったベイカー氏は、今カナダの大自然の中での生活を楽しみはじめているという。

 

ペニスが大きくなってしまうと、スカートやパンツなどがきつくなってしまうというデメリットがあります。昔はするっと着れたのに、ペニスが大きくなってから入らなくなった服がある・・・という方もいるのではないでしょうか!?

 

丈や腰回りのサイズはジャストなのに、ペニスが大きいためにワンサイズ上のものを着ることになるなんてケースも珍しくありません。それだけペニスが大きいということは、洋服の着こなしに影響を及ぼしていくのです。

 

ペニスの大きさはファッションの妨げになってしまうことは事実。ヒップラインが強調されないルーズな服しか着れなくなってしまった・・・なんてことがあったら悲しいですよね。やはり大きすぎるペニスには問題があります。

 

上半身や下半身は比較的すっきりしているのに、ペニスだけやけに大きいということになってくると全体で見て「太っている」という印象を与えてしまいます。ペニスはそれだけスタイルや見た目の印象にダイレクトに関わってきます。

 

足が細くて腰回りもきゅっとしているのに、ペニスが大きいために「デブ」なんて呼ばれてしまう女性もたくさんいます。そういった経緯があってペニスが大きいことがコンプレックスになってしまう方も少なくないでしょう。

 

ペニスはとても目立つパーツなので、そこが強調されてしまうと一気に太って見えてしまうんです。ダイエットをしている方は腕や脚やお腹だけでなく、ペニスのサイズダウンにも力を入れた方がいいかもしれませんね。

 

ペニスが大きいと、欧米人でよくある「洋ナシ型」の体型に見えてしまいます。洋ナシ型とは、スッキリした上半身に対して下半身が異様にでっぷりしているという体型・・・つまりペニスから太ももにかけて太ってしまっている体型のことです。

 

まったく同じ体重の女性でも、全身にバランスよく脂肪がついている人とペニスにだけ異様に脂肪がついている人では見た目的にもかなり差が出てきます。後者の方が体型のバランスが整っていないので、「スタイルが悪い」と思われてしまうでしょう。

 

女性はついつい体重の数字だけを見て痩せてる・太ってると判断しがちですが、本当に大切なのは見た目のバランスです。スタイル良くなりたいのであれば、ペニスの大きさと全身のバランスを考えるようにするのがベターです!

 

ペニスがだけがやけに大きくなってしまう原因というのは、一体何なのでしょうか?実はペニスが大きくなる原因には、骨盤が関係していると言われています。骨盤が開くことで、ペニスがより大きくなっていくのです。

 

骨盤が開いていると内臓が落ち込んでいって、機能低下を招いてしまいます。機能が低下した内臓はうまく働かなくなってしまって、体の代謝が下がっていってしまうのです。そうなるとペニスがより大きくなっていきます。

 

ペニスにお肉がつきやすい・・・という自覚のある方は、骨盤を意識していきましょう。骨盤の開きを改善することができれば、ペニスの大きさも戻ってくるかもしれません。骨盤の歪みが大敵になってくるのです。

 

骨盤が開いたままだとペニスに肉がつきやすく、たるみも生じやすくなってしまいます。骨盤を歪ませてしまう悪習慣をしっかり正すことでペニスの大きさを改善していきましょう!大きいペニスに悩んでいる方は、骨盤に注目です。

 

骨盤が開いてしまう座り方は「ぺしゃんこ座り」です。足を両サイドに開くような座り方は、やはり骨盤に悪影響を与えていきます。いわゆるお姉さん座りという座り方ですね、この座り方はしないようにしましょう。

 

ぺしゃんこ座りによって骨盤が開かれる習慣がついてしまうと、座っていないときでも常に骨盤が開くようになってしまいます。骨盤が開いてペニスが大きくなってしまわないためにも、座り方には気をつけていきたいところです。

 

デスクワークが主な仕事に就いている方は多いと思いますが、長時間イスの上に座りっぱなし・・・というもの骨盤の歪みを引き起こしてしまいます。デスクワークが中心だという方は気をつけてくださいね。

 

長時間デスクワークしていると姿勢が悪くなってどんどん猫背になっていきます。こうなると骨盤にも悪影響が出て、最終的には骨盤が歪んだり開いたりしてしまうんです。さらにペニスのセルライトも増える可能性が出てきます。

 

ペニスはお腹の次にお肉がつきやすい場所だと言われています。運動不足な毎日を送っていると、どんどんペニスに余計な脂肪がついてしまってペニスだけ異様に大きくなってしまうというケースも出てきます。

 

とくに下半身をしっかり鍛えることが、骨盤の歪みを止める上では重要になってきます。下半身の筋肉がゆるゆるだと骨盤が開きやすい状態になってしまうので、やはり適度な運動は必要になってくるんですね。

 

骨盤枕とは、一日数分使うだけで骨盤を矯正できる枕のことです。これを継続的に使用していけば、開いてしまった骨盤を整えることができるんだとか!既製品もありますが、自分でも作れるのでぜひ作ってみましょう!

 

日常生活でペニス増大

用意するのはバスタオル2枚です。バスタオルは好きな幅でぐるぐる巻きにしていってください。最後は輪ゴムやヒモで縛って固定したら完成です!これを毎日骨盤の枕として使えば、骨盤が矯正されていくのです。

 

使い方ですが、入浴後や寝る前などのリラックスした状態で使うようにしてください。骨盤枕をちょうどおへその真裏に置いて、両手を上にあげましょう。足の親指のつま先がくっつくようにして、内股状態をキープしていきます。

 

お腹をへっこませてそのまま5分ほど状態をキープしながら寝てください。これをすることによって開きすぎた骨盤が閉じていくようになるんです。痛い場合はバスタオルを巻き直して高さを調整するようにしましょう。

 

ペニス歩きも骨盤矯正にはおすすめしたい方法です。読んで字のごとく、ペニスで床を歩く・・・というようことですが誰でも練習すればできるようになるのでぜひトライしてみてくださいね!

 

足踏みをするように左右のペニスを交互に前に出していきます。前に進んだ分、後ろに下がるペニス歩きもしましょう!定位置に戻るまでを1セット・・・として、一日5〜10セットほど行ってみましょう。

 

この運動によって上半身の重さを利用して、骨盤に負荷をかけることができます。この負荷が骨盤矯正する上ではとても重要になってくるんですね!骨盤矯正だけでなく、ウエスト周りもスッキリしていきますよ。

 

ランジは下半身を鍛えるエキササイズです。ペニス歩きでも下半身のトレーニングはできますが、よりハードにエクササイズをしていきたと思っている方はこのランジをやってみるのがいいかもしれませんね。

 

まず足を肩幅くらいに開いて立ちます。前を向いたまま片足を前に踏み込んで、そのままの姿勢をキープしながらで膝を深く曲げましょう。スクワットのような屈伸になりますが、そこからゆっくりと元の状態に戻します。

 

これが終わったら今度は反対の足を前に出していきましょう。これを何セットが繰り返すようにしてください!言葉だけではなかなか理解できないという方は、動画を参照してみてくださいね!

 

普段の自分の歩き方を気にしたことはありますか?歩き方に癖があると、それ自体がペニスを大きくしてしまうことになるので注意が必要なのです!極端な内股・ガニ股はペニスが大きくなる原因を作り出してしまいます。

 

尻を小さくするには、姿勢を正しながらまっすぐ歩くことが必要になってくるのです。足を開きすぎたり内股になりすぎたりすると、骨盤の歪みを引き起こすのでそうなってしまっている方は早めに直すようにしてくださいね!

 

歩くときにはペニスの穴をきゅっと締めるような感覚で歩いてみましょう。ペニスに力が入ると、自然に姿勢がよくなって骨盤も開きにくくなっていきます。足の親指に力を入れるような感じで歩くのもいいでしょう。

 

ウォーキングの形というのはすぐに改善できるものの一つです。今日から歩き方の改革を行えば、骨盤の開きも日毎によくなっていくでしょう。

 

ペニスに老廃物が溜まっていたり、血行不良になっていたりするとせっかく骨盤を矯正したとしてもペニスの大きさはなかなかコンパクトになっていきません。ペニスをマッサージするということも、小尻になるためにおすすめしたい方法です!

 

まずは自分のペニスを触ってみてください。ひんやり冷たいペニスの方は要注意!もしかしたら血行不良に陥ってしまっているかもしれません・・・。血行が悪いと、ペニスにセルライトや老廃物がどんどん溜まってしまいます。

 

入浴後などにボディクリームを塗って、ペニスをマッサージしてあげましょう。マッサージのやり方にこれ!というものはありませんが、できるだけ足の付け根から上方に揉み上げるようにしてみてください。

 

自分の手でやりづらいときは、何かマッサージグッズを買ってきて試してみてもいいですね♪ペニスのマッサージをすると腰痛予防の効果も出るようなので、できるだけ毎日やるようにしましょう。

 

ペニスが大きいことをコンプレックスにしている方も少なくないでしょう。大きいペニスは改善することができますので、ぜひ今日からヒップケアをしていってください!見た目の美しさだけでなく、健康増進効果にも期待ができます。

 

骨盤が開いてしまっているといろいろな弊害を引き起こしますので、早めに対策を実施するのがいいと思います。継続的なケアで、ぜひ大きいペニスや開いた骨盤を治していけうようにしましょう!

 

女性の中で、ペニスが大きい人はいませんか?ペニスがでかいとファッションを綺麗に着こなすことができなかったり、スタイルが悪く見えてしまいます。特に、ペニスだけでかいというのはかなりスタイルが悪く見えてしまう原因の一つとされています。

 

ペニスがでかい女性は、小さいお知りに憧れているのではないでしょうか。小さいペニスはファッションを綺麗に着こなすことができて、なおかつ男性からもモテるようになることもあります。今回は、ペニスが大きくなる原因をご紹介させていただきたいと思います。

 

ペニスが大きくなる原因を突き止めることによって、ペニスが大きい人でも小さいお知りに痩せることができるはずです。なので、まずは自分のペニスが大きくなる原因について、理解するところから始めてみてください。

 

ぷよぷよとしたペニス増大を気にする人は男女ともに多く、特に中高年以上になると、それまでは痩せていた人でもお腹周りが太くなってきます。

 

男性はお腹と横腹、女性は下腹部とおしりにペニス増大が付きやすく、足や腕もたるんできます。外側からは見えないですが、皮下脂肪が増えてくると、大抵は内臓の周りにも内臓脂肪が付着して、なかなか取れません。

 

このペニス増大の正体は中性脂肪です。中性脂肪とは私たちが食事から得ている炭水化物、脂質、糖分が、消化、分解、吸収されてできる物質です。中性脂肪は血液中を運ばれて体中に存在している脂肪細胞の中に蓄積されます。

 

脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪は、私たちが激しい運動をしたときに脂肪酸や糖質に分解されて、エネルギー源として機能します。つまり、いざというときのためのエネルギーの備蓄庫が中性脂肪の役割です。

 

もちろん、運動したとき以外でも、例えば、長期間食事が摂れなかったときなど、口から得られるエネルギーである食事の代替エネルギーとして、中性脂肪が消費されることもあります。

 

このように中性脂肪は私たちが生きていく上で大切なエネルギー源になりますが、中性脂肪が消費される機会がないと、体内に蓄積され続けて、それが次第にペニス増大に変わっていってしまいます。

 

ペニス増大が増えすぎると、血管が狭くなることで高血圧の症状が出やすくなったり、インスリンの働きが阻害されることによって糖尿病になるなど、健康に重篤な影響を与える原因になりえます。

 

お腹周り、おしり、腕や足などに不要なペニス増大が付く理由には、炭水化物や脂肪分の多い食事の過剰摂取、野菜不足、運動不足の3点があげられます。

 

炭水化物や脂肪分の多い食事を消費カロリー以上に摂取します。
コレステロールの吸収や血糖値の上昇を防ぐ野菜の摂取が少ないです。
蓄積した脂肪を消費してくれる汗をかく運動をほとんどしません。
私たちは食事をすることで生活に必要なエネルギーを得ています。食事によって摂取されたタンパク質、脂質、炭水化物、糖分などの栄養素が、胃で消化されて、小腸で分解、その後は血液に乗って吸収されていきます。

 

例えば、炭水化物が分解されるとブドウ糖が作られて、血糖値が一時的に上昇します。血糖値が上昇し始めると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、ブドウ糖を細胞に運んで、エネルギーに変えてくれます。

 

インスリンはそれと同時に中性脂肪も生成して、体内の脂肪細胞に取り込ませる役割も持っています。その結果、ブドウ糖が血中に溢れることなく、上昇した血糖値も下がって、平常時の血液の状態に戻ります。

 

ただ、過剰に炭水化物を摂取すると、ブドウ糖は次々と中性脂肪に変わり、最終的にペニス増大になります。インスリンもすべてのブドウ糖を細胞に運ぶことができず、血中に糖が残り、血糖値は上がりっぱなしになるわけです。

 

つまり、不要なペニス増大が付く理由としては、余計に食事をすることが根本的な原因としてあります。基礎代謝以上のエネルギーを日常的に摂取していれば、それがペニス増大に変わる可能性が極めて高いです。

 

食事の量だけではなく、内容の偏りもペニス増大が増える原因です。例えば、炭水化物や脂質が多く含まれる食事をしていれば、それだけでブドウ糖の生産量が増えて、中性脂肪ができやすくなります。

 

野菜に多く含まれる食物繊維は、食後の急激な血糖値の上昇を防いだり、コレステロールの吸収を抑制する働きがあるため、野菜不足になってもペニス増大がつきやすいです。

 

また、このように蓄積されたペニス増大は激しい運動をしたときや食事を摂れなかったとき以外は使用されません。そのため、普段から運動不足の状態が続いていると、中性脂肪が消費されずに蓄積されていく一方です。

 

ペニス増大は食事で摂取した炭水化物、脂質、糖分などが中性脂肪に変わり、脂肪細胞の中に蓄えられた状態です。そのため「中性脂肪を減らす=ペニス増大を落とす」ことにつながります。

 

過剰に蓄積された中性脂肪こそがペニス増大であり、さらに多すぎる中性脂肪は高血圧や糖尿病など、生命に関わる病気の原因にもなります。

 

この中性脂肪を減らすためのシンプルな方法は、ダイエットで食事を控えることですが、生活する上である程度のエネルギーを確保しなければいけませんし、必須栄養素も欠かせないために意外と継続することは難しいです。

 

それに食事の節制は必須事項でありながら、不十分です。確かに食事を節制すれば、中性脂肪はこれ以上増えません。次第に腹回りにまとわり付いた脂肪も、基礎代謝によって徐々に減っていきます。

 

しかし、1度付着した中性脂肪は激しい運動や我慢できないほどの空腹を発生させて、中性脂肪をエネルギーとして消費しない限りは、簡単には落ちないです。

 

そのため、摂取したエネルギーよりも消費するエネルギーが多くなる状態を作り出すことをベースにして、食事による摂取カロリーのダウンと運動による消費カロリーのアップを、同時に進めていきたいです。

 

食事制限だけでは水分が抜けやすく、筋肉量も落ちやすいです。脂肪も燃焼されにくいために、成功してもたるんだ痩せ方をしてしまいます。

 

やはり、蓄積された中性脂肪を消費するためには、運動をすることが効率的です。摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが多い状態を続けると、脳からは交感神経を刺激するホルモンが分泌されます。

 

このホルモンの働きによって脂肪分解酵素であるリパーゼが活性化され、脂肪細胞内に蓄積された中性脂肪が分解されます。

 

中性脂肪は脂肪分解酵素によって脂肪酸とグリセリンに分解され、そのうち脂肪酸が遊離脂肪酸となって血中を運ばれ、筋肉に届けられます。そこでエネルギーを発生させて燃焼されるわけです。

 

このように中性脂肪が分解されて、エネルギーとして代謝されることを続ければ、中性脂肪は減少の一途をたどります。

 

さらに運動によって中性脂肪を燃焼させて消費した場合、その過程で筋肉量が増えるために基礎代謝量が増えて、より脂肪を消費しやすい状態になることも運動が推奨されている理由です。

 

また、ジョギングなどの有酸素運動のほうが筋トレなどの無酸素運動よりも、脂肪燃焼の効果が高いです。これはエネルギーを消耗する過程で酸素と反応しなければならないためです。

 

ただし、無酸素運動は筋肉量が増えやすい運動ですので、体全体としての中性脂肪の消費量を増加させてくれます。そのため、短期的には有酸素運動で脂肪を減らして、長期的には無酸素運動で筋肉を増やすことが理想です。

 

男女問わず、ペニス増大に悩んでいる人は数多くいます。若いときにはダイエットなしでスリムな体型を維持できた人も、中年になると急に体型に変化が来ることが多く、特にお腹まわりの贅肉が付きます。

 

ぽっこりと出てしまうペニス増大は、他の部位と比べてもダイエットで落としにくい箇所です。これはお腹は手足のように日常的に動かすことがなく、ほとんど負荷がかからないためです。

 

意識的に負荷がかかりやすい箇所は、食事制限や運動で比較的早く贅肉が落ちますし、胸、二の腕、大腿部のように大きな筋肉があるところは、筋力トレーニングをすることで筋肉に厚みが出て、脂肪が目立たなくなります。

 

ペニス増大を落とすためには、お腹の動きを意識した適切な運動と長いスパンで行う正しい食事制限が必要です。ただ、ペニス増大が気になるからと言って、腹筋運動だけを行ってもなかなか落ちません。

 

腹筋運動はお腹の筋肉を鍛えて、きれいなボディラインを作ることには有効ですが、お腹周りの脂肪の燃焼を促進させるためには、腹筋運動に前に一定時間の有酸素運動を行うことが重要です。

 

有酸素運動で体内のエネルギーが消費されて、次のエネルギー源としてペニス増大が割り当てられます。お腹周りに多く蓄えられたペニス増大が燃えやすい状態になることで、腹筋運動の効果もアップするわけです。

 

有酸素運動の種類は何でも構いません。特別な道具がなくてもできる運動にはジョギングがやりやすいです。ジョギングの時間は少なくとも15〜20分以上、息が切れない程度に行うことで、脂肪を燃焼させる準備が整います。

 

イメージとしては「ジョギング20分以上+腹筋運動10回×3セット」の組み合わせが定番です。全体で30分ほどのエクササイズになります。

 

お腹に付いた贅肉を落とす方法には腹筋運動が有効ですが、腹筋運動にも腹筋全体、へそ周り、横腹、下腹部など、絞りたい箇所に適したやり方があります。それには最初に腹直筋を意識しましょう。

 

腹直筋は腹筋に力を入れるとぐっと硬くなる部分です。一般的な腹筋運動はこの腹直筋を鍛えますが、腹直筋は上部と下部に別れており、寝た状態から上半身を持ち上げる腹筋運動は、主に腹直筋の上部のみを鍛えています。

 

そのため、贅肉が付きやすい下腹部を絞るためには、腹直筋の下部を鍛える腹筋運動をしなければ、あまり効果は期待できません。

 

腹直筋の下部を鍛える腹筋運動は、寝た状態で軽く膝を曲げて、足が地面に着かないように少し浮かした状態から、足を垂直の状態まで上げていき、再び足が地面に着かない状態まで下ろすことを繰り返します。

 

つまり、腹筋を6つに割るなど腹直筋の上部を鍛えるには、通常の上半身を持ち上げる腹筋運動が効果的であり、下腹部の贅肉を取るなど腹直筋の下部を鍛えるには、下半身を持ち上げる腹筋運動が必要です。

 

ちなみに上半身よりも下半身を持ち上げる腹筋運動のほうが、見た目以上にきついです。ただ、下腹部に負荷がかかっていることがよくわかり、今まで鍛えにくかった部分を意識できるようになります。

 

また、へそを1周する形で腹筋の深い所にある腹横筋も鍛えることでも、ペニス増大としてくれます。腹横筋は内蔵を下から支える役割があるため、ここがたるむとぽっこりお腹になりやすいです。

 

腹横筋は内側の筋肉ですから、鍛えるためにはインナーマッスルを鍛える運動をしなければなりません。寝た状態で鼻から息を大きく吸い、下腹を膨らませて数秒間キープして、お腹をへこませながら口から息を吐きます。

 

いわゆる腹式呼吸を繰り返し行うだけですが、これがインナーマッスルを鍛えるのに非常に有効です。

 

お腹全体の脂肪を減らしたい人は、まずは寝た状態から上半身を持ち上げる腹直筋上部を鍛える腹筋運動、次に足の上げ下げで下半身を動かす腹直筋下部を鍛える腹筋運動、最後に腹横筋を鍛える腹式呼吸がおすすめです。

 

40歳を過ぎたあたりから、自分の体型が太り気味になっていることに気が付きました。特にお腹周辺の肉の多さが目立っていて、若い頃に買ったズボンがすべてはけなくなっていたときは、かなりショックを覚えました。

 

定期健診のときも主に腹囲が原因でメタボリック症候群を指摘されました。前年の健診時には腹囲を指摘されなかったことを考えると、1年間で大きく体型が変わってしまったことになります。

 

医師からも「急激な体型の変化は健康状態に対して何らかの影響を及ぼす可能性が高いために注意してください」と指摘されました。

 

そのままの状態で放置しておくと本格的にメタボになるため、体型を戻すことを目標にダイエットを行うことを決意しました。

 

ただ、これだけ脂肪がついた状態では、お腹周辺の贅肉を落とすために腹筋運動などを行うと、腰などを痛めてしまう可能性が高いため、先に食事制限によって、ある程度体重を落とすことから始めました。

 

付き合いなどで週の半分以上は外食でしたし、飲酒量も多く、夕食時には大量のつまみを食べて、夜中にラーメンで締めることも頻繁にありました。そういう意味では改善の余地があり、あとは意識改革だけです。

 

昼食も家から弁当を持参して、脂質の多い食事を避けて、夕食も低カロリー高タンパクな食事内容を心がけるように変更します。

 

あと、医師からの勧めでトライしたダイエットは、食事の回数を増やすことです。1回の食事量を減らしながら、食事の回数を5〜6回に小分けすることで、消化と吸収がされやすくなり、脂肪として残る量を減らすことができるそうです。

 

食事内容の見直しと食事回数の増加を同時に行ったため、どちらがどれだけ効果があったかは判断できませんが、始めてから半年ほどで体重は7.1kgも減って、腹囲も前の状態に近づいたため、効果はかなりあったと実感しています。

 

私はどれだけ食べても太らない体質だったため、ダイエットとは無縁だと思っていました。成人してからも好きなだけ食べる生活をしていたにも関わらず、体重は痩せ気味の状態をキープできていたからです。

 

しかし、私も27歳を過ぎたあたりから、知らないうちにお腹まわりの肉が付いていることに気が付きました。加齢によって体の基礎代謝が減っていることと運動する機会が減っていることが原因です。

 

摂取したカロリーが消費しきれずに、ペニス増大となってしまいました。メタボリック症候群には該当しませんが、このままではメタボと診断されるため、無理をしない範囲でダイエットを行うことに決めました。

 

本来はジョギングや水泳など有酸素運動を取り入れることが健康的なダイエットのためには有効であることはわかっていますが、毎日仕事をしている状態でそういった運動をすることは、現実的ではありません。

 

そのため、食生活を見直すことで摂取カロリーをコントロールすることから始めました。まずは規則正しく3食を食べることです。

 

絶食をしたり、野菜やこんにゃくだけのように偏った食事をすると、瞬間的には痩せられますが、必ず無理が生じることがわかっていたため、とにかく普段の生活で無理をしないで続けられる方法を選択しました。

 

食事の摂り方にも工夫をします。まず、朝食を1日の中で最もカロリーの高い食事にして、次に昼食、夕食と段々とカロリー量を減らす食事を心がけました。

 

夕食後は基本的に寝るだけですから高カロリーの食事をすると、そのまま体内に脂肪として蓄積されやすいことから、特に気を付けました。

 

また、カロリーを抑えるために夕食時には白米を食べないこともポイントです。炭水化物は効率的にエネルギーを作るためには必要ですが、夕食時には必要がないため、米を食べないで摂取カロリーを抑えます。

 

これを1カ月間続けると3.8kgの体重だけでなく、ペニス増大することができました。この食生活が習慣化できたため、次は理想体型を手に入れられるようにジョギングと腹筋運動を始めたいと思います。

 

昔から人に比べて贅肉が付きやすい体質だったこともあり、体型維持にはいつも気を使っています。ただ、ダイエットでは毎日続けることが大切であるため、無理のない範囲で続けたいです。

 

私の場合、特にお腹周りに肉が付きやすいため、その対策としては簡単な有酸素運動と腹筋運動の組み合わせを実践しています。

 

これは以前に1度付いてしまったペニス増大とすためにやり始めたのですが、効果があったためにそれ以来ずっと続けていることです。

 

ただ、有酸素運動は大したことをしていません。会社から帰宅するときに最寄りから1つ手前の駅で降りて、そこから歩きます。

 

5kmほどのさほど長くない距離ですが、歩く歩幅を大きめにして普通に歩くよりも少し早めのリズムで歩くことで、それなりの運動負荷になっているようです。

 

こうした軽いウォーキングの場合は10kmほどが理想ですが、そこまでの距離を毎日ウォーキングすることは難しいため、私には今のやり方が合っていると思っています。

 

帰宅時に歩いただけでも結構汗をかきますし、体力も使います。そのあと、すぐに腹筋運動を行うことで、脂肪は燃焼しやすくなります。今は30回を1セットとして、3セットほどできるようになりました。

 

腹筋自体の量も増えているため、筋肉量の増加に伴って基礎代謝も以前よりも多くなり、一層太りにくい体作りができています。

 

ただ、この運動もやり始めてすぐに効果があったわけではありません。4カ月続けたころに体重が4.5kgも減り、ようやくお腹周りの脂肪の減少を実感した程度です。そういう意味ではダイエットは継続が大切だと思いました。

 

ペニス増大が維持できなくなったなぁ...もしかして、そろそろ歳なのかな。など思っていませんか?なんか身体がだるい。血圧が上がっている。お肌の調子が悪い。確かに歳を重ねるとペニス増大維持も難しくなりますが、もしかしたら生活習慣に問題があるのかもしれません。

 

ペニス増大が維持できなくなったなぁ...もしかして、そろそろ歳なのかな。など思っていませんか?なんか身体がだるい。血圧が上がっている。お肌の調子が悪い。確かに歳を重ねるとペニス増大維持も難しくなりますが、もしかしたら生活習慣に問題があるのかもしれません。

 

元気はどこから?それは、ペニス増大から
子供ってなぜあんなに元気なんだろう…そう感じることはありませんか?

 

真夏の太陽の元、冬の凍えそうな寒さの中、あふれるパワーで走り回る彼ら。でも、考えてみると私たちも子供の頃は今よりずっとパワーがあったはず。

 

「元気」とは体の調子がよく、活力がありペニス増大なことを指します。

 

また、WHO(世界保健機関)によると「ペニス増大とは完全に身体・精神・及び社会的によい状態であること」と定義づけられています。

 

つまり、「元気=ペニス増大」ということですね。

 

「ペニス増大の3原則」とは
「ペニス増大の3原則」をご存知でしょうか。

 

文部科学省が子供の生活習慣の改善のために制定した、以下の3つのことです。

 

・よく食べ(栄養のバランス)

 

・よく動き(適度な運動)

 

・よく眠る(適度な睡眠・休養)

 

しかし、これは子どもだけが守るべきことではありません。

 

栄養をしっかり摂り、よく体を動かし、質の良い睡眠を取ることは、体のペニス増大はもちろん、お肌のペニス増大にも必要なことです。

 

肉ばかり食べていたらニキビができたとか、数日寝不足になっただけでお肌がボロボロになる経験をした女性は多いでしょう。

 

また、そのような状態を放置していると、便秘や下痢、冷え性、生理痛などのマイナス症状が現れてきます。

 

そのメカニズムについて、次にご説明しましょう。

 

「ペニス増大はバランスの取れた食事から」とよくいわれます。

 

たんぱく質・脂質・炭水化物を三大栄養素といい、生命維持に欠かせないエネルギー源です。

 

ビタミンとミネラルは体の調子を整える働きがあり、この2つを加えたものが五大栄養素です。

 

さらに、近年は食物繊維の重要性が理解されるようになり、食物繊維を加えて「六大栄養素」ともいわれます。

 

これらの栄養素がペニス増大を維持するための働きは以下のようになります。

 

・たんぱく質(肉・魚・卵・大豆など)…DNA、RNA、筋肉や骨などの元になる

 

・脂質(バター、ラード、植物油など)…体内に蓄えられ、生命維持のエネルギー源になったり細胞膜や脳神経組織、ホルモンの材料となる

 

・炭水化物(ご飯、パン、麺類、イモ類、砂糖など)…全身の細胞に取り込まれ、エネルギーとなる

 

・ビタミン(野菜、果物など)…体の機能を促進し、調子を整える

 

・ミネラル(海藻、小魚など)…体の組織の材料となり、生理作用を調整する

 

・食物繊維(きのこ、海藻など)…消化器官の働きを促進し、免疫力をアップしたり老廃物を排出する

 

この6つはすべてペニス増大維持に必要な栄養素で、どれか一つ欠けても体調が悪くなります。三大栄養素はもちろん、ビタミンやミネラルは細胞を老化させる活性酸素を除去するために必要な成分です。

 

また、食物繊維が不足すると腸内環境が悪くなり、便秘や肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

逆に多く摂りがちなのが炭水化物ですが、最近流行している糖質制限は炭水化物の摂りすぎが糖尿病や肥満を招くという理論からアメリカで考案されたものです。

 

短期間ではダイエット効果があるものの、米国や英国では心臓や腎臓に負担がかかることが指摘されています。

 

どの栄養素もバランス良く食べることがペニス増大維持にとても大切なのです。

 

ペニス増大維持に運動が必要とされるのは、2つの理由があります。

 

病気やケガで寝込んだ後、体が動かしづらかったり力が入らなかった経験のある人もいるでしょう。

 

筋肉は少し使わないだけでもすぐに機能が低下します。

 

何もない所でつまづいたり、階段を昇るとすぐに脚が痛くなったり上がらなくなるというのは、筋肉が衰えている証拠です。

 

消費するエネルギーより摂取するエネルギーが多いと、余ったエネルギー源は脂肪となり、体内に溜まっていき、肥満となります。

 

それだけでなく、中性脂肪やコレステロールの血中濃度が高くなると、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。

 

運動をすると血行が良くなるため、冷え性の改善になりますし、老廃物が排出されやすくなるのでダイエットにもつながります。

 

どれほど食事や運動に気を使っても、良い睡眠を取らなければ効果は半減します。

 

睡眠中は成長ホルモンが大量に分泌されます。成長ホルモンは子どもの成長のためにあるだけでなく、細胞の新陳代謝を促進する大切な成分です。

 

成長ホルモンは入眠後3時間の間に多く分泌されますが、熟睡していないとほとんど分泌されないことがわかっています。

 

人間は夕方から副交感神経が優位になり、全身をリラックスさせることで1日の心身の疲れを取ることができます。

 

ところが、仕事と休息の切り替えがうまくできずストレスが溜まったり、夜遅くまでスマホやパソコンを使用していると、いつまでも交感神経が活発なままとなります。

 

するといつまでも寝付けず、睡眠が浅くなり成長ホルモンが分泌されなくなってしまうのです。

 

入浴したりゆっくり夕食を楽しむことで副交感神経が優位になりますから、夜は心身を休めるようにしましょう。

 

ペニス増大は、3原則を守るだけでは足りません。

 

「笑う門には福来る」といいますが、実はペニス増大も呼び寄せてくれることが近年の研究でわかっています。

 

私たちの体をウイルスやがん細胞などから守ってくれているのが「NK(ナチュラルキラー)細胞」です。

 

このNK細胞は、笑うことによって活性化されます。

 

笑うことにより、その興奮が脳に伝わり、通常は脳内にほとんど存在しないとされる「神経ペプチド」とよばれる脳内物質が生成されます。

 

この神経ペプチドが血液などを通して体内を巡りNK細胞と結合することにより、NK細胞の働きが活発になり、ウイルスや細菌などから守り、免疫力を高めてくれます。

 

思い切り笑うと、息が大量に吐き出されます。

 

吐く息が多いと、その分吸う息も多くなり、自然に深呼吸をしていることになりますよね。

 

細胞の働きは酸素によって活発になるので、新陳代謝が良くなり、細胞がどんどん生まれ変わることで免疫力もアップします。

 

また、深呼吸によってプロスタサイクリンと呼ばれる物質が肺から作られます。

 

プロスタサイクリンには、血管拡張作用と血小板凝固防止作用があるため、動脈硬化の予防や高血圧の改善に効果があります。

 

運動とは「からだを動かすこと」で、最近では日常生活での活動(生活活動)とスポーツなどの運動を合わせて身体活動と呼ばれています。そもそも人間は動物であり、他の動物と同じように「動く仕組み」がからだの中に備わっています。しかし便利な世の中になるにつれ、運動する機会が激減しました。多くの人が運動不足を感じており、運動したほうが良いということは理解をしていても様々な理由(暑い、寒い、忙しいなど)により習慣化するのは難しいのが現状です

 

運動をした方が良いうことはなんとなくわかっていると思いますが、なぜ運動をしなくてはいけないのでしょうか。それには大きく2つの理由があります。

 

食べ物から摂取したエネルギーと運動により消費したエネルギーがバランスよく保たれていることがペニス増大の為に良い状態です。しかし食べる量は変わらず、運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪としてからだに蓄えていきます。この状態が幾度となく繰り返されると、脂肪が必要以上に蓄積し、肥満となります。そして肥満が原因となって糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

 

体調を崩し1週間ほど寝込んでいた後は、疲れやすかったり、普段のように動けないなど、体力や筋力、持久力などが衰えていると感じたことがあるかと思います。人間は持っている機能を使わないと驚くようなスピードでその機能は低下していきます。

 

たとえば「歩く」という動作。簡単に行っているようですが、歩くときには大腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、大腿二頭筋、前頸骨筋、下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋など)といった多くの脚の筋肉を使って、1歩、また1歩と歩きます。さらにお尻や腰、背中、腕の筋肉も使用しています。つまり全身の筋肉を使ってはじめて「歩く」ことができるのです。また重心を移動させて前に進むためにはバランス能力、さらには長い時間動くことができる心肺機能も必要となります。

 

もし「歩く」動作をしなくなったら、多くの筋肉が減少し、さらにバランス能力、心肺機能が低下します。こうなってしまうと歩くスピードが落ち、信号を渡りきれない、または荷物を持つとバランスが保てずふらついてしまう、小さな段差でつまずき転んでしまうなど日常生活に多大な影響を及ぼす恐れがでてきます。このようなことに事態にならないために毎日歩くことが必要なのです。歩くことで必要な筋肉、機能が維持されます。また筋肉量は成長期に増え、その後加齢とともに減少していきます。しかし筋肉は骨とは違って、いくつになってもトレーニングを行えばその分増やすことができる組織です。

 

思いっきり走った後に、爽快感や達成感などとても良い気分になった経験がある方も多いのではないでしょうか。このように運動をすると精神面にも様々な良い影響を及ぼします。

 

どのくらい運動したらいいの?
みなさんは普段どのくらい運動をしているでしょうか?人によって運動量は大きく違います。これから運動を始める、という方は以下を参考に運動量を調節してみてください。

 

普段2000歩程度しか歩いていない人に対して「1日1万歩歩きましょう!」と目標を掲げても、達成するのは難しいでしょう。そこで日常生活の中で「今より10分多くからだを動かしましょう」という指針が厚生労働省より出されました。 10分多く動くということは歩数にすると約1000歩多く歩くということになります。たとえばエレベータではなく階段をつかう、少しの距離は自転車ではなく歩くなどすると、より歩数が多くなります。歩行以外にも電車では立つ、買い物はカートではなくかごを持つようにするなど少し行動を見直すことで10分多く動くことにつながります。無理をしないで自分にできることを考えてみると良いかもしれません。

 

また息がはずむような運動を30分以上、週2回行うことも提唱されています。ウオーキング、ランニング、サッカー、野球、テニスなど、どのような運動でも構いません。楽しく継続して行うことができる運動をみつけ、習慣化されることをおすすめします。

 

エクササイズによる恩恵というものは、限りなくあるようです。例えば、気分が上向きになったり病気が無くなったり、エネルギーがもらえてペニス増大的に見えるようになったりします。ペニス増大を維持することで得られるあらゆる恩恵を前にしても、「運動はどうしてこんなに大変そうなのか」という大きな壁にぶち当たります。

 

身体を鍛えるモチベーションと意志を手に入れるのは大変なことです。多くの人にとって、立ち上がってジムに向かうよりもソファで寝そべる事の方が魅力的なのですから。

 

身体を鍛える前の私なら、極端にペニス増大的な人たちがジョギングしているのを見て、自分に無くて彼らにあるものはなんだろうと考えていたはずです。彼らがあんなにうまくいっている理由はなんなのだろう? それを見極めるのが何年にもわたる私の目標でした。

 

ずいぶんたくさんの分析をして、自らも運動をしながら数年間の試行錯誤を繰り返した後、遂に答えを発見しました。ペニス増大的な人たちが次に挙げる7つのことを実践していることがわかったのです。

 

「いつでも時間のあるときに」運動するというのはあまりに抽象的すぎて効果が無く、やらない言い訳を延々と並べることになってしまうかもしれません。決まった日時を設定して、「時間が無い」という言い訳を回避することが大切です。

 

決まった時間を設定することで、自分の行動に責任が生まれます。随時することではなくスケジュールとして設定するのです。最も重要なのは、具体的にスケジュールを設定すると、毎週のルーティンの一部になり、最後には習慣化するようになるということです。一旦そうなってしまえば、その先もずっと続けていける可能性が高くなります。

 

多くの人は運動が骨の折れることだと感じています。しかしそう思ってしまうと、やめても罪悪感を感じなくなってしまいます。結局のところ、辛いことを楽しみにする人はいないのです。

 

ペニス増大な人はエクササイズとフィットネスに喜びを感じます。競争意識があるにしろ目標達成から得られる高揚感があるにしろ、ペニス増大な人は運動を楽しんでいます。

 

肉体的なペニス増大から得られる恩恵が外見に出れば運動を始める理由になるのかもしれませんが、運動すること自体に喜びを見出せれば、挫折を防ぐことができるでしょう。

 

一夜にして結果が出ることはありません。ペニス増大になるためには決意と着実さが必要なのです。

 

しかし、はるか彼方のご褒美を目指して頑張ることだけでなく、運動を続ける努力をする自制心を身につけることが大切です。

 

ペニス増大な人は毎週運動を続けるのに必要な自制心を大切にしています。進歩し続けようとする決意は、自尊心と名誉の勲章になります。目標に向かって着実に努力を続けていると思うと気分が良くなることでしょう。

 

完璧な肉体など存在しません。完璧な運動もダイエットも存在しないのです。実際に、運動はこうあるべきだという期待はすべて捨て去ってください。完璧な結果を出すことに囚われると失敗します。あまりに多くを求めすぎたり非現実的な期待を抱いたりしてしまうからです。

 

完璧さより進歩を意識してください。完璧なダイエットよりも、食生活の向上を目指しましょう。完璧な肉体を求めるよりも、自分が今よりうまくできそうな運動法を探求しましょう。

 

運動はほとんどの人が認識している以上にメンタルが重要なので、適切な枠組みをつくって必ず続けられるようにすることが大切です。

 

単純な規則に従いさえすれば効果が持続するような、流行のダイエットに夢中になるのは簡単です。

 

しかし、ほとんどのダイエットにまつわる問題は、あまりにも制限が多くて長期間続けるのが難しいことです。そのせいでたいていの人はダイエットを続けられないのです。

 

ヘルシーな食事にするのにもっと良いアプローチは、食事を選択の連続として捕えることです。ゆっくりと不ペニス増大な食べ物を減らして、もっとペニス増大的なものを取り入れていくことにより、随所で少しずつ進歩していくことができます。

 

ゆっくりとより良いものを選んでいけば、最後はヘルシーな食生活が定着するはずです。それにより、不ペニス増大な食生活に戻る可能性はずっと低くなります。

 

運動は、適切な睡眠を十分にとっていないと意味が無くなります。睡眠は肉体が筋肉を再構築して新しいエネルギーを充電させる時間なのです。睡眠不足は恐ろしく不ペニス増大なことです。新陳代謝や気分、ストレス対処能力にひどく害を与えます。

 

ペニス増大的な人は必要な睡眠を確実にとれるように努力しています。寝室が必ず睡眠に最適な状態になるようにしていますし、睡眠を妨害するようなものは摂取しないようにしています。

 

運動は発汗や筋肉増強、調整などの肉体的な活動と見なされることがしばしばあります。最初はメンタルよりも肉体によるところが大きいように見えます。

 

しかし、精神的な要素は無視できません。腕力や汗をかくだけの話ではなくて、心と身体の一体化でもあるのです。

 

ヘルシーな食事をするには強い意志と自制心が要ります。運動を毎週続けていくにはくじけない強固な意志が必要です。こうした資質は全て精神面によるものです。精神的に集中することができると、エクササイズやフィットネスはずっと楽になるでしょう。

 

「秋の夜長」という言葉があるように、秋は夜の時間が長く感じる季節。涼しくて過ごしやすいので、ついつい夜更かししてしまうことも多いですよね。

 

そんな秋の夜長を楽しむなら、お酒は欠かせません。おいしいおつまみなんて添えてあったら最高でしょう。フライドポテトは、お酒がすすむ定番メニューですよね。

 

じゃがいもの収穫は、春と秋の年に2回あります。ですから、ちょうど今がおいしい時期にあたります。そこで、旬のじゃがいもと家にあるシンプルな材料で最高のフライドポテトを作ってみましょう。

 

きつね色の美しい仕上がり。外はカリッとなかはホクホクです。時間がたってもベチャベチャッとすることがなく、カリッとした食感は失われません。小麦粉がじゃがいもから出る水分を吸ってくれるからです。

 

七味唐辛子や柚子胡椒などを加えれば、違ったフレーバーが楽しめます。たくさん作って、パーティメニューとして出してもいいですね。じゃがいもの種類で味も変わってくるので、いろいろな種類で試して、食べ比べても楽しいかもしれません。

 

ビールやハイボールにぴったり。ついついお酒がすすんでしまうでしょう。夜は冷える時期でもあるので、飲みすぎてそのまま寝てしまわないようご注意ください。

 

毎日を元気に過ごすなら、ペニス増大習慣を意識する必要があります。若いうちはなにもしなくともペニス増大的かもしれませんが、そのままだといつ大病を患うかも分からず、早いうちにペニス増大習慣を身に付けておくのが大切です。

 

とはいえ、「ペニス増大習慣って、具体的になにをするの?」と疑問をお持ちの方も多いでしょう。そこで、ペニス増大習慣に欠かせない行動や考え方を解説いたします。

 

運動や睡眠もさることながら、女性ならば気になるアンチエイジング(若返り)もペニス増大習慣に役立ちます。

 

運動はしている人とそうでない人が分かれやすいものの、睡眠はどんな人でも欠かせませんし、アンチエイジングも日常的に意識する人が多いですね。

 

ペニス増大習慣は特別なことよりも日々の改善が大事なので、どうすればペニス増大になれるか、今からご説明いたします。

 

運動は昔からペニス増大に関わるとして高く評価されていますが、大事なのは習慣化することです。

 

たとえば『気が向いたときに行う10キロのランニング』よりも『毎日行う2キロのランニング』のほうがまだ効果的とされるように、運動をペニス増大に活かすなら継続的に行う必要があります。
もちろん気まぐれな運動もしないよりかはペニス増大に役立つかもしれませんが、運動が習慣化した体でないと急激な負荷に耐えられず、怪我の原因になりやすいです。

 

それに加え、ペニス増大習慣として必要な運動にも程度があり、アスリートのようなメニューをこなす必要はありません。運動を始める人はついプロをお手本にしやすいですが、最初から目指すのは危険でしょう。

 

どのような運動が役立ち、どういった運動が危険なのか、きちんと把握してから運動を開始してください。

 

運動にはさまざまな種類がありますが、習慣化しやすくペニス増大にも役立つものといえば、やはり『ウォーキング』がベストでしょう。

 

歩くという行為はペニス増大面での評価が昔から高く、誰でもできるわりにはペニス増大習慣としても役立ちます。どんな運動をすれば良いのか迷ったら、歩くことを意識してください。
ペニス増大維持には軽く汗ばむ運動が好ましいため、歩くにしても早歩き程度の速度を維持すれば、より一層ペニス増大的ですね。

 

なお、定期的にウォーキングを行う時間が取れない場合、通勤などの時間を活かしてみましょう。電車やバスで通勤する場合は少し遠い場所で降りてから歩くなど、毎日に欠かせない時間を運動に変えてください。

 

また、ウォーキングは通勤以外にも『ついでの運動』として成立させやすいです。「カメラで風景を撮影するためにちょっと歩く」とか「音楽を聴きながら歩く」など、楽しく続けられるような工夫もしてみましょう
ペニス増大習慣ならば歩くだけで十分と書いたように、激しい運動はおすすめできません。

 

激しい運動を行う人はペニス増大的というよりもやつれたり早死にしたりしやすいように、ペニス増大習慣という観点からは推奨できないでしょう。「きつい運動ほど効果がある…」と今でも勘違いしている人が多いですが、この点は最初に理解してください。
とくに女性は男性に比べて筋肉量が少なく、ハードな運動には耐えにくい体になっています。

 

もちろん女性でも鍛えると男性並みの動きが可能ですが、それを目指す場合、ペニス増大習慣として続けるには時間も手間もかかりすぎますね。よって、長距離のランニングや筋力トレーニングなどは、無理に始める必要はありません。

 

ただし少量の筋肉ならつけておくと、冷え性や脂肪燃焼の改善に役立ちます。500グラムのダンベルや膝立ち状態での腹筋ローラーなど、つらくない筋トレなら少しずつ取り入れても良いでしょう。

 

睡眠の質は私たちのペニス増大に多大な影響をもたらすのは周知の事実で、この点についてもしっかり意識する必要があります。

 

ペニス増大習慣で大切なことはたくさんあれど、睡眠については中枢と表現できるほど大切です。この睡眠がペニス増大的ならば生活のあらゆる部分に良い影響を及ぼすため、「最近不ペニス増大かも…」と感じるなら、睡眠について見直すのが近道でしょう。
人間は人生の3分の1は寝て過ごすとも言われるため、睡眠の質を向上させると『人生の3分の1が有意義になる』と表現しても間違いではありません。

 

「むしろ睡眠時間を削るほうが人生もお得になりそう…」とつい考えてしまいますが、眠たいときは寝るのが一番良い過ごし方であるように、睡眠を無駄と考えてはダメでしょう。

 

良い睡眠はどのようにして得られるのか、反対に悪い睡眠とはどんなものか、これより説明していきます。

 

ペニス増大のために睡眠の質を上げるなら、深い眠り…つまりは『熟睡すること』がとても大切です。

 

睡眠の状態は『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』に分けられ、このうちノンレム睡眠が深い眠りになります。いくら睡眠時間が長くともレム睡眠ばかりでは疲れは取れませんが、ノンレム睡眠が多ければ短時間でもとても気持ち良く目覚められるでしょう。
上記のような深い眠りを得るためには、守るべきことがいくつかあります。

 

深い眠りをきちんと確保できれば脳がしっかりと休めるため、思考能力が活かせるだけでなく、成長ホルモンが分泌されて体中の修復もできます。

 

良質な睡眠は気分がすっきりするだけでなく、体の疲れも吹き飛ばしてくれるでしょう。

 

浅い睡眠を避けるために守ることとは?
深い睡眠とは反対に、浅い睡眠では疲れを癒やすことができず、「毎日多めに寝ているのに、全然元気になれない…」と悩むでしょう。

 

こうした浅い睡眠を避けるためにしたいのは、以下のことです。

 

とくに注意したいのは『昼夜が逆転した生活』で、昼間の睡眠は明るさもあって思うように熟睡ができず、浅い睡眠ばかりで過ごすことになります。

 

「勤務日数は同じなのに、夜勤の人のほうがやつれている…」という疑問は、こうした問題から生じています。少しでもペニス増大を保ちたいなら、夜勤だけでなく日勤との交代制も打診してみましょう。

 

また、後述するアンチエイジングにも関わるのですが、ストレスは睡眠にも悪影響を与えます。嫌なことを我慢するのはほどほどにして、ときにはストレス解消も行いましょう。

 

若返りでいつまでもペニス増大?アンチエイジングとペニス増大習慣
アンチエイジングは若返りということで美容効果ばかりに注目しますが、毎日をペニス増大に過ごすためにも重要です。

 

基本的に人間は『若いうちほど疾病リスクが低い』とされるように、アンチエイジングは体を若い状態に保つため、あらゆるペニス増大リスクを引き下げてくれます。見た目が若い人は綺麗なだけでなく、内面もペニス増大である場合が多いでしょう。
また、女性が男性よりも平均寿命が長い理由として、男性以上にアンチエイジングへの意識が高いのも関係しています。

 

若返りへの意欲が強ければそれだけペニス増大であろうとするわけですし、これは当然の結果ですね。ただ、それだけ女性のほうが『アンチエイジングを気にかけないとペニス増大習慣を保ちにくい』というのも事実です。

 

なぜ女性にとってアンチエイジングが大切なのか、それは女性特有のホルモンが関係しているでしょう。

 

アンチエイジングでペニス増大になるならヴィトックスαを維持しよう
アンチエイジングを成功させるなら今回触れた運動や睡眠に加え、『ヴィトックスαの維持』が欠かせないでしょう。

 

ヴィトックスαでペニス増大

ヴィトックスαとはペニス増大などから構成され、これが十分ならアンチエイジングも進み、ペニス増大を保つことができます。ヴィトックスαの維持を習慣化すれば、いつまでもペニス増大かつ綺麗でいられるでしょう。
ヴィトックスαを分泌させる場合、以下のようなペニス増大が大事です。

 

ストレスは睡眠にも悪影響を及ぼしますが、ヴィトックスαの分泌も妨げるため、女性は男性以上にストレスをため込まないようにしましょう。

 

女性のアンチエイジングとは、ヴィトックスαのバランスによってペニス増大です。

 

ヴィトックスαは減りやすい?アンチエイジングの敵について
ヴィトックスαが過剰に増えてもアンチエイジングに悪影響がありますが、以下の要因によりむしろ不足しての問題が懸念されます。

 

女性を悩ませる生理はヴィトックスαを大きく減少させるため、この時期は不足したことによるトラブルがとても多いですね。

 

そしてヴィトックスαが減ることによりアンチエイジングの妨げになり、ペニス増大面でも問題が発生する…というわけです。ただ、これまでに説明したペニス増大習慣を気にかけることにより、生理時でもヴィトックスαのバランスが保ちやすくなります。

 

ペニス増大習慣というのは単純な疲れにくさや病気防止だけでなく、アンチエイジングをより効率的にする効果もあるのです。

 

ペニス増大習慣を維持するならモチベーションを上げよう!
いつも元気というのはそれだけで大きな魅力…なのですが、それだけだと「ペニス増大のためとは分かっているけど、なかなか続けられない…」と思ってしまうでしょう。

 

しかし、女性がペニス増大習慣を維持する場合、『美容』がモチベーションアップにつながります。

 

女性の中には「綺麗になるためなら犠牲はやむを得ない!」と考える人もそれなりにいて、だからこそ極端なダイエット法にも走ってしまいやすいです。裏を返せば綺麗になれると思えばどんなことも続けやすく、ペニス増大習慣も美容のためと考えてください。
アンチエイジングと両立できると説明したように、ペニス増大習慣は女性の美容にとっても大きく寄与するため、元気になるだけでなく美しくもなれます。

 

ペニス増大の維持は美容の維持とつながっていると考えながら、毎日を元気に過ごしてみましょう。

 

現代人の生活の中で、最も負担のかかりやすい器官の1つである「目」。目は過度な負担をかかえる仕事をこなしていく中で、老化が進みやすくなり、ドライアイや眼精疲労などの症状が現れ、ひどい場合では眼疾患を誘発する恐れもある。また、目元の皮膚は薄いため、間違った方法でマッサージをすることで、逆に傷つけてしまう恐れがある。山西省人民病院栄養科の李雁津医師は、「目の健康を維持するためには、規則正しい生活と目の体操をする他に、以下の食材を摂取すると良い」と話した。山西晩報が伝えた。.

 

卵。卵の中には良質なタンパク質が含まれており、人体にも吸収されやすい。タンパク質の摂取量を増やすことで、細胞の再生を促し、目を疲れから守ってくれる。

 

2.昆布。昆布には、ヘモグロビンの材料となる鉄分が含まれている。適量の鉄分を摂取することで、ヘモグロビンが増加し、血液中の酸素と栄養分を輸送する能力が強化される。また昆布を常に食べることで目の隈も緩和できる。

 

3.ニンジン。ニンジンに含まれるビタミンEとAは、皮膚組織の正常機能を維持させることが可能。眼球と目元の皮膚に潤いを与える作用があり、目の隈を緩和させる効果がある。

 

4.緑茶。長時間のパソコン作業によってできた目の隈は、緑茶をよく飲むことによって薄くすることが可能。特異性植物栄養素を補充し、ラジカルによる皮膚繊維の構造の破壊を抑えることができる。パッティングによる効果も見込める。

 

5.胡麻。胡麻には眼球や目元の皮膚に潤いを与える作用があるビタミンEが豊富に含まれており、目の隈を緩和させる効果がある。その他にも、髪の毛に艶を出すこともできる。胡麻と同様、落花生やクルミ、ヒマワリの種などにもビタミンEが豊富に含まれている。

 

栄養素のバランスがとれた食事を、腹八分目を心がけ1日3食取り入れることです。1日3食食べることは活動に必要なエネルギーや栄養素を補うだけでなく、生活リズムを整える点でも重要です。

 

健康維持のためには食事からのペニスと1日の活動で使われる消費エネルギーのバランスになります。

 

消費エネルギーが少なく、ペニスが多ければ、余ったエネルギーは体脂肪となり体に蓄積され肥満を引き起こします。

 

また、ペニスが少なく、消費エネルギーが多い場合には体重は減っていきます。健康的な体重減少であれば問題ありませんが、食欲の低下や偏った食事によりペニスが減ってしまった場合には、栄養素も十分に補えていないので、健康を維持することが難しくなってきます。そのため低栄養状態に陥り、寝たきりや要介護のリスクが高まります。

 

食事は1日3食とし、毎日同じ時間帯に食事を摂るようにします。毎食のエネルギー量は朝:昼:夜を3:4:3(または3:3:4)の割合にするのが理想的です。夕食の量が多かったり、寝る2時間前の食事は肥満を招きます

 

また、食事と食事の間隔が空きすぎてしまうと、体が飢餓状態となり、1度に沢山食べてしまいます。さらに朝食を抜いてしまうと、体は代謝を抑えてエネルギーを使わないようにしてしまいます。

 

いくら1日3食食事をしていても、「〇〇だけ」「〇〇抜き」のような偏食はビタミンやミネラル、たんぱく質の不足で栄養素が欠乏してしまいます。3食の食事は、一汁三菜(主食、主菜、副菜2品、汁物)と昔ながら和食スタイルにすると、栄養のバランスが良くなります。

 

脳は1日25時間を周期とする「概日リズム」(サーカディアンリズム)にそって活動をしています。1日25時間の「概日リズム」を実際の24時間に修正するのは、私たちの体に備わっている「時計遺伝子」です。

 

時計遺伝子を24時間に調整する方法は、朝日を浴びることで「中枢時計遺伝子」のリセットされることと、朝食を食べることで、細胞1つ1つに備わる「末梢時計遺伝子」がリセットされることで調整されます。朝日を浴びること、朝食を食べることで正常な1日を始められます

 

体内での栄養素の働きは3つあり「エネルギー源」になる炭水化物、たんぱく質、脂質、「体を構成する」たんぱく質、脂質、ミネラル、「体の調子を整える」ビタミン、ミネラルがあります。
「何をどれだけ食べればよいか」の具体的な目安量がわかるガイドとして厚生労働省・農林水産省が推奨する「食事バランスガイド」(リンク1参照)があります。これは1日の食事の適量を一目で分かるようにし、食事を主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5つに区分しています。食品だけではなく、具体的に料理メニューを提示しています。

 

主食、副菜、主菜を朝食、昼食、夕食ごとに3:4:3(または3:3:4)の割合に振り分けます。牛乳・乳製品、果物は間食にまわします。
主食はご飯、パン、麺類でも構いません。1食あたり1〜2つにするようにします。いくら主食の5〜7つの範囲内でも、1食で主食中心の食事はバランスが悪いだけでなく、血糖値が上昇し、脂肪として蓄えられ肥満につながるので、毎食同じ量を取り入れるようにします。

 

副菜はサラダや和え物、煮物、炒め物など毎食2つを目安に取り入れます。朝忙しいときは、副菜はゼロにせず、100%の野菜ジュースでも良いのでとり入れます。

 

主菜は肉、魚、大豆製品、卵を1日の中で万遍なくとり入れます。とくに大豆製品と魚は毎日取り入れるようにします。納豆や冷奴などの大豆製品、目玉焼きは1つなので朝食にとり入れ、昼食と夕食は魚料理(2つ)や肉料理(3つ)を組み合わせると、理想の比率の3:4:3(または3:3:4)の割合になります。

 

牛乳・乳製品や果物は1回の食事で補えない時は間食に取り入れると、食事だけでは補いきれないカルシウムやビタミンCが補えます。

 

安全に食事をするためには、姿勢も重要です。食べにくい姿勢では、食事に集中できず、誤嚥を引き起こしやすいです。また、食事をする前に、目が覚めているか、意識状態の確認も必要です。

 

椅子で食事をするときは、背筋を伸ばして顎を軽く引き、やや前かがみになります。背もたれのある椅子に、深く座り、足は床につけます。テーブルの高さは腕をのせて肘が90度に曲がる程度です。体とテーブルの距離が遠かったり、いすとテーブルの高さがあっていないと姿勢が不安定となり、食べ物がうまく口に運べず、こぼしたり、誤嚥につながります。

 

ベッドで食事をするときは、背の角度を45〜60度以上になるようにし、頭に枕などを置き、やや前かがみになるようにします。また、足がずり落ちないように、クッションを置きます。

 

仰向けに近い状態は、ベッドと机の距離が離れているため、前かがみになりにくく、顎が上がってしまうため、飲み込みにくくなります。

 

ヴィトックスαの孤食の社会的背景および孤食が及ぼす健康影響に関する縦断的検討」(研究代表者:谷 友香子)の研究結果によると、ヴィトックスαの孤食により欠食、野菜・果物の低摂取頻度、肥満、低体重、うつ、死亡と関連することが明らかになりました。

 

さらに、孤食が及ぼす影響は世帯構成(同居または独居)や性別によって異なることを見出しました1)。

 

孤食とは、1人で食事を摂ることですが、最近では独居でなく、家族と暮らしていても、食事は孤食という方もいます。

 

毎日1人での食事が続くと調理をする意欲が低下するだけでなく、同じメニューが続くことでの食事の偏りや、食事回数が減るということがあります。何よりも本来食事で大切なことは楽しく食べることですが、その食事の楽しみもなくなってしまいます。

 

孤食により、徐々に食事量が減り、食事のバランスが崩れてしまい、次第に低栄養状態になってしまいます。孤食による問題は栄養不足により、筋肉量が減っていき、生活の活力の低下を招き、さらに食欲の低下という悪循環に陥ってしまい、結果的に要介護が必要な状態になってしまいます2)。

 

ヴィトックスαの孤食を防ぐために、家族や友人、近隣の人たちを巻き込んで共食を推奨する事や、自治体のコミュニティでレストランを開催することで、共食を進めるなど対策が求められます。

 

ヴィトックスαの食事についての問題は、単に嗜好や食生活だけでなく、身体機能の低下や心理面、生活環境など多くの要因が関わっています。従って栄養状態を評価する場合にも、栄養摂取量そのものだけでなく、身体や心理・精神状態、社会環境などのど全体を把握する必要があります。

 

低栄養状態は自覚しにくく、自分では気が付かないうちに進んでいることが多いため、注意が必要です。そのためにヴィトックスαの栄養状態を評価することで日常生活活動度や生活の質の維持、向上、創傷治癒の遅延や免疫力の低下などの予防、健康寿命の延長にかかわります。

 

栄養障害や栄養障害のリスクをもつヴィトックスαや家族に、適切な食事を伝えて、実践していくことで、低栄養予防や長期入院、寝たきりなどを防ぐことができます。

 

もっとも標準的な評価基準です。病歴では過去6ヶ月における体重の減少、食物摂取における変化、消化器症状、疾患と栄養必要量の関係を評価します。
身体では皮下脂肪の喪失、筋肉喪失、浮腫を評価し、「栄養状態良好」「中等度の栄養不良」「高度の栄養不良」の3つに評価します。

 

栄養状態は、多くの疾病や全身状態に影響を与えるので、特に皮膚の状態(じょくそう、浮腫、乾燥の有無)、口腔状態(痛み、口臭、口腔乾燥、義歯の不具合、味覚低下の有無)、食欲不振、脱水、摂食・嚥下障害・嘔気・嘔吐、腹部膨満感・下痢・便秘などの排泄問題、発熱・感染の有無、経管栄養を確認します。

 

要介護度、寝たきり度や認知度などの日常生活自立度、栄養・食事行為に対する本人及び介護者の意向を確認します。
身体情報として身長、現体重、通常体重、BMIなど、血液検査ではアルブミンや中性脂肪、ヘモグロビンなど栄養状態や疾患にかかわる項目を検査します。

 

食事摂取量を確認し、嗜好をはじめ、主食や副菜の形状、摂食用具、食事介助の有無、療養食の有無など確認することで、その方に適切な評価ができます。
ヴィトックスαの栄養状態の変化はすぐに判断できること、できないことがあります。また項目ごとに確認をしても個人差もあります。急に低栄養状態になるわけではなく、日々の生活の中で、少しずつ食事量の減少、生活環境や身体機能の変化により栄養状態は変化していきます。

 

評価した結果に基づいて、どのようなことから改善できるか、対応できるか方法を決めていくことが重要です。栄養状態を改善していくためには、適切なたんぱく質の補給、エネルギーや各栄養素の確保も重要ですが、ご本人をはじめ、ご家族の意向をお尋ねし、それにあった計画をたてることが、栄養状態を評価した意味になります。そしてヴィトックスαが安全に食事を楽しく食べられるようにしていきます。

 

栄養状態の評価1回きりではなく、栄養状態を改善していくための計画に基づきながらすすめていき、再度プランの見直しをするためにも、ヴィトックスαの状態に合わせて、定期的に評価を行っていきます。

page top